顔のたるみの原因を解明します|必ず解消できる方法

婦人

良い石鹸の選び方

ソープ

形ではなく成分の違い

肌のことを考えるのならば、最も基本となるのが毎日の洗顔です。洗顔の際に使用する洗剤には、いわゆる洗顔フォームと洗顔石鹸とがあります。この2つは洗剤の成分が異なり、洗顔石鹸は合成界面活性剤ではなく、植物由来の界面活性剤を使用しています。そのため、肌にやさしく、敏感肌の方にも使用できると人気があります。石鹸というと固形のものを想像しがちですが、実際には、洗顔フォームと同じように練り状のものもあります。また固形であっても合成界面活性剤を使用していたり、弱酸性や中性のものは石鹸とはいえませんので、選ぶ際には注意が必要です。また、肌が乾燥しがちで敏感な方には、純石けんだけでなく保湿成分配合の洗顔石鹸も人気があります。

時間をかけて

洗顔石鹸の良いところは、肌をアルカリ性にして余分な皮脂や汚れをすっきりと落としてくれることです。ファンデーション程度であれば、クレンジングがなくともこれだけで落とせるくらいの洗顔力があります。また泡のキメを細かくすることで洗顔時の摩擦を軽減したり、様々な成分を配合することで毛穴の汚れまですっきりと落とすような工夫が施されています。スーパーなどでよく売られている100円〜200円程度の石鹸も純石けんですが、機械で効率よく大量生産されているものがほとんどです。しかし時間をかけない製法では、なかなか石鹸の天然成分を残すことができません。専用の洗顔石鹸では値段は高く感じるかもしれませんが、時間をかけて練って作られているため天然成分も多く配合でき、洗い上がりもしっとりとするものが多いのです。